無理に抜かずに歯の土台である歯の根を大切にしよう

歯の根の治療

根管治療とはどんな治療?

「根管治療」とは、虫歯が進行して歯の神経(歯髄)まで達しているときに行われる治療です。もしくはすでに過去に根管治療がなされており、その歯が細菌に感染してしまった場合にも根管治療が行われます。

根管治療の詳細

「根管治療」という言葉は、おそらく耳にしたことがない方のほうが多いかと思います。しかし「神経を除去する」「根の治療をする」といった言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか? それこそが「根管治療」のことなのです。

根管治療の流れ

根管治療の最初の処置は、歯の中の神経を取ること(抜髄)です。歯の神経は骨から根の尖端に入り根管の中を通って歯の頭の部分まで達しています。これを根の尖端まできちんと除去する必要があるのです。

抜髄が終わった根管は必要な太さまで拡大し、洗浄・消毒をします。最後にこの根管に対し、細菌が侵入しないようしっかりと根の尖端まで詰めものをします。これを「根管充填」といいます。ここまでが一連の治療ですが、一回で治療が済むこともあれば、数回かかることもあります。

感染根管治療

根管充填が不充分だったり不適切だったりすると、いずれ数年後に細菌に感染してしまいます。すると、痛みが出たり膿が出てきたり、根の尖端付近の骨が溶けたりするのです。この場合に行う治療を「感染根管治療」と言います。この治療は非常に難しいため長期にわたることが多く、しかも完治せずに再発することも多いのです。

一般に、抜髄・根管充填を行った歯には被せものをすることが多いのですが、感染根管治療を行う際にはこの被せものを外し、根管充填材を完全に取り除いて根管を拡大する必要があります。ここまでの処置だけでも数時間かかってしまいます。これでやっと洗浄・消毒ができるようになりますが、ここから無菌状態になるまで何回も通院する必要があるのです。

根管治療についての当院の考え

根管治療を行う間、痛みや腫れが出ることも多く、最悪の場合は抜歯しなくてはならないこともあります。治療を行ったことで、今まで痛みがなかった歯が痛み出すこともあります。しかし、いくら自覚症状がないからといって、放置しておくことはできません。

本当は、根管治療が必要なほど進行した虫歯は、すぐにでも治療しなければなりません。しかし、着手するか否か決めるのは患者様と相談してからだと考えています。歯科医のもっとも重要な義務の一つは、感染根管を発生させないように努めることです。そのためには、抜髄が必要な歯に対し、最初に着手する医師の責任が重大です。

人間が行う作業ですから、100%安全とはいきません。それでもせめて世界レベルまで感染率を下げるために努力すべきでしょう。当院では、感染根管を作らないよう、細心の注意を払って、場合によっては多大な時間を掛けて治療に取り組んでいます。

根管治療の流れ

歯の神経があるとき

ステップ1.歯の神経を除去する

まず神経がある歯かどうか確認し、麻酔をかけます。次に虫歯に侵された部分を削って除去し、洗浄して不潔なものが神経に入らないようにして、神経を取り除きます。

ステップ2.歯の根の管を拡大・洗浄する

根の尖端まで神経の取り残しがないよう確認しながら必要な太さまで根管を拡大します。根管を洗浄し、消毒剤などを入れます。

ステップ3.根管に薬剤を詰める

根管内および骨内に細菌が侵入して感染を起こさないように、根管に薬剤(根充剤)を緊密に詰めて塞ぎます。

ステップ4.土台作りをする

虫歯に侵されている部分が多い場合は、金属の土台を入れることもあります。そこから、被せるための型作りをします。まれに詰めものをして最終処置とすることもあります。

ステップ5.歯の上から被せものを被せる

歯の形に合わせた被せものをすることで正常な咬み合わせの機能を回復させます。

感染根管治療のとき

ステップ1.冠・土台などを除去する

すでに神経を除去した歯が感染した場合の治療になるため、大抵は土台が入っていてその上に冠などが被せられています。そのため、最初にこれを除去します。

ステップ2.根充剤の除去・拡大・洗浄する

根の尖端に感染しているため、今まで詰められていた根充剤を除去して根尖まで十分に拡大し、消毒します。しっかりと洗浄し消毒剤などを入れます。

ステップ3.根管に薬剤を詰める

根管内および骨内に細菌が侵入して感染を再び起こさないように、根管に薬剤(根充剤)を緊密に詰めて塞ぎます。

※以下抜髄のときと同じ