顎の骨が溶けていく……それが歯周病の恐怖

歯周病治療

歯周病の真の恐ろしさ

歯周病は一般的に「歯磨きをするとき歯肉から血が出る。リンゴをかじると血が付く」「歯ぐきが腫れた。少し痛いときもあるが、すぐ治る」「大したことはない病気」などと軽いイメージでとらえられがちです。プリモ歯科の願いは、まずそういった軽いイメージを改めて欲しいということです。

歯周病は決して歯ぐきだけの病気ではありません。重度になると歯の土台となる顎の骨まで溶かし、歯がグラつき、やがては歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病は早期治療を!

歯周病は日本の成人の8割が発症、もしくは予備軍になっているという、いわゆる「国民病」です。もっとも正しい対策は、定期検診を受けて早期に治療を受けることです。

歯周病の原因

プラークやバイオフィルム

歯周病の一番の原因は、プラーク(歯垢)やバイオフィルム(細菌の塊)に棲む悪性の細菌の毒素です。これらの細菌には、虫歯を引き起こすものや歯周病の原因となるものがいます。歯周病によって口腔内に悪性の細菌が増えると、細菌や毒素が血管や食道などを通じて全身に入りこみ、糖尿病を悪化させたり心臓病などを引き起こしたりすることがあるのです。

歯並び

歯並びが悪いと、プラークが溜まりやすく、歯磨きで補助器具を使ってもプラークを取り除けない箇所が出てきてしまいます。見た目を良くするためだけでなく、歯周病を予防するためにも歯並びは矯正したほうが望ましいでしょう。また、咬み合わせの狂いも(特にすでに装着されている冠やブリッジなどが不適切で狂っている場合)きちんと作り直して整えたほうが良いでしょう。

その他の原因

高血圧、糖尿病などの全身疾患も歯周病の原因となる場合があります。さらに精神的なストレス、ホルモンのバランスの悪化によっても口腔内のバランスが崩れ、歯周病になることがあるのです。

また、歯周病が全身の病気の原因となることがあるように、心身のバランスの悪化が歯周病の原因となることもあるのです。

軽度の歯周病の治療

歯周病が軽度のものであれば、適切なブラッシングやPMTCによる口腔内のクリーニングによって完治します。歯周病はできる限り、早期発見に努めましょう。

特に毎日の適切なブラッシングは虫歯予防だけでなく歯周病予防にもなるので大切です。当院では適切なブラッシングを身に付けていただくためのブラッシング指導も行っています。

重度の歯周病の治療

歯周病も顎の骨まで溶かされるほど重度のものとなってくると、歯が抜けていく原因になってしまうため、外科治療が必要になります。

GTR法

GTR法(組織再生誘導法)とは、歯周病によって失われてしまった骨を再生するための治療です。再生治療を行う場合、歯根の表面に「セメント質」という組織と、骨と歯根を結び付ける「歯根膜」という組織も再生させる必要があります。しかし、このときに骨を再生させたい場所にまで歯肉の新生組織が侵入してきて、骨の新生を邪魔してしまうのです。

この原因は、セメント質や歯根膜、骨などが再生するスピードより、歯肉が再生するスピードのほうが断然に速いことです。これを防ぎ骨などの再生スピードを歯肉と合わせるために、「メンブレン」という膜を歯根の周囲に被せて、骨を再生させる空間を確保します。これがGTR法と呼ばれる治療法なのです。また、他に「エムドゲイン」という蛋白質を使って組織を再生させる方法もあります。