歯周病治療

歯周病治療

「ブラッシングすると歯ぐきから血が出る」「歯ぐきの腫れが気になる」「歯が伸びたような気がする」……。それは、もしかしたら歯周病にかかっているサインかもしれません。歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどないため、異変に気づいた時には、かなり進行していることもあるのです。

JR京浜東北線与野駅から徒歩5分の歯医者「プリモ歯科」は、歯周病治療に力を入れている歯科医院です。当院では口腔内全体を考えて治療を行い、再発防止のための予防医療にも努めています。気になる歯ぐきの症状があれば、早めにご相談ください。

すべての治療の土台となる歯周病治療

すべての治療の土台となる歯周病治療

歯ぐきからの出血に気づいても、「大したことはない」「とくに困らないから……」「別に痛くないし」と放置しておられる方もいらっしゃるようです。プリモ歯科では、患者さんのそういった意識を改めていただけるように努めています。

歯周病が進行すると、歯を支える骨まで溶かしていき、歯がポロリと抜け落ちてしまうこともあります。歯ぐきなどの歯周組織は、大切な歯を支える土台であり大事な基礎なのです。

当院は歯周病治療を重点においています

当院は歯周病治療を重点においています

歯の土台が不健康な状態だと、いくら虫歯治療や入れ歯治療を行っても完治したとはいえません。当院が目指しているのは、お口全体の健康を考えた治療です。「歯周病治療」によって歯周組織を整えてから、患部を削ったり歯を補ったりする処置を行うようにしています。

当院は歯周病治療を重点においています

また当院で行う再生治療では、患者さん自身の血液を遠心分離機にかけて、必要な成分を抽出しています。拒絶反応を起こしにくい治療ですので、ご安心ください。

【Pick up!】
早期治療が大事な歯周病

【Pick up!】早期治療が大事な歯周病

日本人の成人の約8割が、歯周病あるいはその予備軍といわれているほど、多くの方がかかっている国民病です。しかも日本人が歯を失う原因の第一位が、この歯周病なのです。歯周病を早期発見するためにも、歯科医院で定期検診を受けるようにしましょう。

歯周病の原因

お口の中のプラークやバイオフィルム

お口の中のプラークやバイオフィルム

歯周病の直接的な原因は、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜むプラーク(歯垢)やバイオフィルムです。これらは細菌のかたまりで、プラークに棲みついた歯周病菌が出す毒素によって歯ぐきに炎症を起こします。

歯周病は感染症のひとつであるため、血管などを通じて歯周病菌が体内にまわることで、全身疾患を引き起こすこともあります。

よくない歯並び

よくない歯並び

歯周病予防としては毎日のブラッシングが大切ですが、歯並びが乱れていると、どうしても落としきれない箇所ができてしまいます。歯列矯正を行うことによって、プラークを落としやすい歯並びに改善することが可能です。

また、咬み合わせのずれや、以前治療した被せもの(クラウン)のずれなども、磨き残しの原因となります。最近、歯医者さんに行っていない……という方は、この機会に歯科医院で早めに修正しましょう。

【Pick up!】
全身疾患やストレスなど

【Pick up!】全身疾患やストレスなど

歯周病が全身疾患に影響を与えるだけでなく、高血圧や糖尿病などの全身疾患が歯周病の原因になることもあります。さらに精神的なストレスやホルモンバランスの乱れによって、口腔内のバランスが崩れ、歯周病を悪化させることもあります。このように歯周病は全身の健康と深く関わりあっている病気なのです。

当院での歯周病治療

軽度の歯周病の治療

軽度の歯周病の治療

軽い歯周病の場合、歯科医院におけるプロケアと、ご自宅で行うセルフケアによって症状を改善することができます。このためにも歯科医院で定期検診を受け、歯周病を早期発見するようにしましょう。

軽度の歯周病の治療

歯科医院で行うPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)では、毎日のブラッシングで落としきれないプラークや汚れを徹底的に除去することができます。さらに、当院ではお口の状態に合ったブラッシング方法のアドバイスも行っています。

重度の歯周病の治療

重度の歯周病の治療

重度の歯周病になると、歯ぐきがやせたり、あごの骨が溶けたりしてきます。ブラッシングやクリーニングだけでは治療が難しく、外科的処置が必要になることもあります。

GTR法

GTR法

重度の歯周病に対しては、歯周病によって溶けてしまった歯肉やあごの骨などを再生させる治療が必要です。ところが骨が再生するスピードに比べて、歯肉が再生するスピードは格段に速く、再生した歯肉の組織が骨の再生を阻害するということが起こります。

そこで、骨を再生させたい部位に「メンブレン」という膜を被せて、骨を再生させるスペースを確保するのが「GTR法(組織再生誘導法)」です。骨が再生するまで、歯肉が入り込まないようにして、歯周組織の再生を行います。

このほか、骨が失われた部位に「エムドゲイン」というたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促す治療もあります。ご不明な点やご心配な点がありましたら、お気軽に歯科医師にご相談ください。