根管治療

根管治療

虫歯菌が神経にまで達するような重度の虫歯に対して行う治療が「根管治療」です。歯の根っこ部分である根管は大変細く、複雑な形をしているので、慎重かつ精密な治療が必要となります。この治療がきちんと行われないと再び感染してしまい、さらに難しい感染根管治療が必要になることもあるのです。

こちらでは、JR京浜東北線与野駅から徒歩5分の歯医者「プリモ歯科」で行っている、根管治療や感染根管治療についてご説明します。当院では、感染根管を作らないよう、細心の注意を払って根管治療に取り組んでいます。歯の根っこを残す大切な根管治療は、当院へご相談ください。

根管治療と感染根管治療

歯の神経まで達しているときの根管治療

歯の神経まで達しているときの根管治療

重度の虫歯になって、虫歯菌が歯の神経部分である「歯髄(しずい)」まで進行してしまうと、「根管治療」が必要になります。一般的には、「神経を抜く」治療のことです。 根管治療は次の流れで行います。完治のため数回の通院が必要になることもありますが、治療が終わるまで、しっかりと通院しましょう。歯の治療は絶対に途中でやめてはいけません。

1.根管内から虫歯菌におかされた神経や血管を除去する(抜髄)
2.根管内を清掃・消毒する
3.再び虫歯菌におかされないように、薬剤を詰めて密閉する
4.土台にセラミック製の人工歯を取り付ける

根管治療の流れについてもっと詳しく

歯が細菌に感染してしまったときの感染根管治療

歯が細菌に感染してしまったときの感染根管治療

根管治療がきちんと行われないと、数年後に再び根管が感染して、痛みや膿の出ることがあります。さらに根の先にある骨まで感染してしまうと、骨が溶けて歯がグラついてしまうことも。神経を抜いた根管内が感染した場合には、「感染根管治療」を行います。

感染根管治療は次の流れで行います。無菌状態になるまで治療を繰り返す必要があるので、治療には時間がかかり、完治が難しい治療です。

1.以前の治療で被せた被せもの(クラウン)や土台を除去する
2.以前の治療で充填した薬剤を除去する
3.根管内を清掃・消毒する
4.再び虫歯菌におかされないように、薬剤を詰めて密閉する
5.土台にセラミック製の人工歯を取り付ける

感染根管治療の流れについてもっと詳しく

当院での根管治療

当院での根管治療

根管治療は、歯の神経を抜く治療が必要になるため、治療を始めることによって治療部位が傷んだり腫れたりすることがあります。症状によっては、やはり抜歯しなければならなくなってしまったり、今まで痛くなかったほかの歯が痛み始めたりすることもあります。

そこで、根管治療で重要なことは、根管が再度感染しないように努めることです。そのためにも、根管治療を始める医師の責任は重大です。最初に徹底的な治療を行わないと、再感染する確率が高くなってしまいます。

当院での根管治療

世界において神経を抜いたあとの再感染確率は2~3%程度なのに対し、日本の場合は数年で30%ほどです。当院では世界レベルを目指し、感染根管を発生させないように、細心の注意を払って治療に取り組んでいます。当院では患者さんに説明なく勝手に治療を進めることはありません。治療内容について丁寧に説明し、ご納得いただいてから治療を始めますのでご安心ください。

治療の流れ

根管治療の流れ

根管治療の流れ

【1】神経や血管を除去する(抜髄) 神経の有無を確認してから麻酔をかけます。虫歯菌におかされた患部を削ってから、神経や血管を丁寧に除去します。除去の際には、細菌が根管に入らないように細心の注意を払います。
【2】根管内を清掃・消毒する 神経の取り残しがないか、歯根の尖端まで確認しながら根管内を徹底洗浄し、薬剤で消毒します。
【3】根管内に薬剤を充填する 根管内、さらにはその尖端の骨に細菌が侵入しないように、根管に薬剤を充填します。すき間なく薬剤を詰めたら密閉します。
【4】被せものの型採りをする 削った歯を覆う被せもの(クラウン)の型採りを行います。虫歯におかされている部分が多いときには、金属の土台を入れてから型採りをすることもあります。
【5】被せものを被せる 歯の形に合わせて作製した被せものをきっちり被せることで、正しい歯の咬み合わせの実現を目指します。
感染根管治療の流れ

感染根管治療では、根管内に細菌が存在する状態で治療を開始することになります。再感染を防ぐために、完全に無菌状態にする必要があり、より難易度の高い治療となります。

【1】被せものや土台を除去する 以前の治療で被せた被せもの(クラウン)や土台を除去します。
【2】充填剤を除去し清掃する 根の尖端が感染しているため、充填剤を詰めたままでは治療はできません。以前の治療で充填した薬剤を除去してから根管内を消毒し、徹底的に清掃します。
【3】根管内に薬剤を充填する 根管内、さらにはその尖端の骨に再び細菌が侵入しないように、根管に薬剤を充填します。すき間なく薬剤を詰めたら密閉します。
【4】被せものの型採りをする 削った歯を覆う被せもの(クラウン)の型採りを行います。虫歯におかされている部分が多いときには、金属の土台を入れてから型採りをすることもあります。
【5】被せものを被せる 歯の形に合わせて作製した被せものをきっちり被せることで、正しい歯の咬み合わせの実現を目指します。