インプラント・
義歯

インプラント・義歯

虫歯や歯周病、けがなどで抜けてしまった歯の機能を補う治療には、インプラントや入れ歯(義歯)、ブリッジなどがあります。こちらでは与野駅から徒歩5分の歯医者「プリモ歯科」が、インプラント・義歯治療についてご説明します。

当院では入念に検査を行い、安全性に配慮した、しっかり咬めるインプラント治療を目指しています。患者さんのご要望をしっかりお伺いして最適なご提案を行いますので、安心してご相談ください。

歯を失った時の選択肢:
インプラント、入れ歯(義歯)

歯を失った時の選択肢:インプラント、入れ歯(義歯)

抜けてしまった歯を放置しておくと起きる弊害は、食事の際にうまく咬めなかったり、話しづらかったりすることだけではありません。歯のすき間にプラークがたまって、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まってしまいます。さらに抜けた歯のスペースに隣の歯が倒れ込み、歯並びを乱すなど、咬み合わせの乱れからからだの不調を引き起こすこともあります。

失った歯の機能を補う方法としてはインプラントや入れ歯(義歯)などがあります。インプラントは自由診療ですが、第2の永久歯と称されるほど天然の歯のような自然な咬み心地を再現できる治療です。また、入れ歯に比べて、まわりの歯にかける負担が少ないというメリットもあります。

インプラント治療

失った歯の代わりに人工歯根を埋め込む:インプラント

失った歯の代わりに人工歯根を埋め込む:インプラント

インプラント治療では、歯が生えていた部位にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。インプラントに装着する歯はセラミック製や金属製で、セラミックの白い歯であれば、見た目も咬み心地も、まるで天然の歯のような仕上がりになります。

インプラントはあごの骨にしっかり埋め込まれるので、食事の時にずれたり外れたりする心配がありません。抜けてしまった歯が元通りになったような咬み心地を取り戻することができます。ただし、インプラントは自由診療のため高額な治療費がかかります。

【Pick up!】
インプラントの安全性

【Pick up!】インプラントの安全性

インプラント治療では、人工歯根をあごの骨に埋め込むという外科手術が必要になります。手術で埋め込むインプラントには、チタン製で安全性の高い素材を使用しています。チタンは、からだへの親和性があり、アレルギーも起こりにくい素材です。

また、いったん埋め込んだインプラントは、定期的にきちんとメインテナンスを受ければ、いつまでも良好な状態を保つことができます。

とはいえ、インプラントにリスクがまったくないわけではありません。当院では事前の検査をしっかり行い、手術日もしっかり体調管理して、患者さんが良好な状態で手術を受けられるように努めています。ご不安な点があればお気軽にご質問ください。

当院でのインプラント治療

口腔全体を考えた治療提案

口腔全体を考えた治療提案

インプラントは埋め込んだらそれで終わりではありません。当院では、天然の歯のようにしっかり咬めるように、口腔全体のことを考えた、患者さんに最適なインプラント治療のご提案を目指しています。

そのためにも問診では患者さんのご要望をしっかりお伺いし、様々な先端機器を使いながら入念に検査を行うようにしています。治療後はインプラントが長持ちするように、メインテナンスにもいっしょに取り組んでいきましょう。インプラントは、治療後のメインテナンスが第2のスタートです。せっかく治療したインプラントが、末永く良好な状態で保てるよう、積極的にセルフケアや定期検診に取り組んでください。

安全管理・衛生管理

安全管理・衛生管理

インプラントを埋め込む骨量が不足する場合は、骨の再生が必要です。当院では遠心分離機を用いて、ご自身の血液から治療に必要な成分を抽出し、拒絶反応の軽減を目指しています。

安全管理・衛生管理

また治療器具は、オートクレーブによって滅菌し、安全で衛生的な治療に努めています。

入れ歯(義歯)

入れ歯の種類とその選び方

失った歯の機能を補う方法として、もっとも一般的なものが義歯(入れ歯)治療です。入れ歯には、保険適用の入れ歯と、保険が適用されない自由診療の入れ歯があり、作り方や素材などに違いがあります。

保険適用の入れ歯、適用外の入れ歯、それぞれメリット、デメリットがありますが、当院では患者さんのご要望や症状に合わせて最適な入れ歯のご提案を行っています。合わない入れ歯でお困りの方もお気軽にご相談ください。

レジン床の入れ歯保険適用

概要

入れ歯に使える素材がレジン(歯科用プラスチック)に限定されている。
部分入れ歯の場合には、金属(クラスプ)のバネを使って、となり合う歯と固定する。

メリット
  • 比較的費用が安い。
  • 修理しやすい。
  • 様々な症例に適応しやすい。
  • あごの骨の量に関係なく作成できる。
デメリット
  • 違和感があり咬みづらいことがある。
  • 分厚くなるので、食べものの温度が伝わりづらい。
  • レジンに吸水性があるので、長時間の使用で変色することがある。
  • 金属のクラスプを使う場合、となり合う歯に負担をかけることがある。
金属床の入れ歯自由診療

金属床の入れ歯(自由診療)

概要

床の部分が金属製の入れ歯。上あごと接する部分が薄いので、お口の中が広く感じられ、装着時の違和感も少ない。

メリット
  • 金属製なので薄くても強度が高い。
  • 金属のため熱が伝わりやすく、食べものの温度がわかりやすい。
デメリット
  • 比較的費用が高い。
  • 修理をするのに難しいことがある。
ノンクラスプデンチャー自由診療

概要

金属のバネ(クラスプ)を使わない部分入れ歯。入れ歯を支える床は、強度が高く柔軟性にも富んだスーパーポリアミド製。

メリット
  • 口を開けてもバネが見えず、入れ歯であることがわかりにくい。
  • 薄くつくれるので、装着感がよく、しっかり咬める。
デメリット
  • 比較的費用が高い。
マグネットデンチャー自由診療

概要

磁石の力で入れ歯が外れないように固定した入れ歯。歯根に金属のキャップをつけ、磁石を埋め込んだ入れ歯を装着する。

メリット
  • 比較的しっかり固定されるので、外れにくい。
  • バネがないので見た目が自然になる。
  • しっかり咬めて食事がおいしく感じられる。
デメリット
  • 比較的費用が高い。
  • 歯根が残っている必要がある。
インプラント
オーバーデンチャー自由診療

概要

骨に埋め込んだインプラントを支えにして、外れにくく作成した入れ歯。

メリット
  • インプラントを支えにしているため、入れ歯を小型化できる。
  • 自然な見た目を実現できる。
  • しっかり固定されるので、外れにくい。
  • しっかり咬めて食事がおいしく感じられる。
デメリット
  • 比較的費用が高い。
  • インプラントを埋め込む手術が必要になる。
入れ歯治療における注意事項

どのような種類の入れ歯であっても、入れ歯とお口の粘膜との間にはすき間が生じてしまいます。したがって、このすき間に食べものなどの異物が入り込むと、痛みや違和感が生じることもある点はご理解ください。

なお、入れ歯治療を行う前に、虫歯や歯周病治療を終えておかなければいけません。虫歯が残った状態で入れ歯を作成してしまうと、その後のトラブルが発生するリスクが高まるのです。

健全な口腔内環境においてこそ、お口にフィットして、しっかり咬める入れ歯をつくることができます。総合的なお口の健康を維持することで、できるだけ長期にわたってしっかり咬める入れ歯をご提供できるように努めています。