歯を失っても替わりの「新しい歯」があります

歯を失ってお困りの方

インプラント

歯を失った際の治療法としては、ブリッジ・義歯・インプラントなどが挙げられますが、お口の中に装着された感覚と咬み心地、さらに味覚を含めても、インプラントがもっとも自分自身の歯(天然歯)に近く感じられます。

天然歯は骨の中に歯根が埋まっていますが、同様にインプラントも骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に歯の形をした被せもの(セラミックや金属の冠)を取り付けるため、天然歯に近い感覚が得られるのです。しかし、保険が適用されないため高額になることは避けられません。

入れ歯

虫歯や歯周病、事故によって歯を失ってしまった場合、歯科治療としておなじみの方法が義歯、つまり入れ歯です。しかし、入れ歯と言っても部分入れ歯や総入れ歯、また素材や性能において多種多様のものが存在します。

また入れ歯には、保険が適用されるものとされないもの(自由診療)があります。そのため、咬み心地や見た目などだけでなく費用による差も出てくるのです。

保険適用の入れ歯

保険の適用範囲内の入れ歯は、何と言っても費用が安いというのが大きなメリットです。ですが、使える素材がレジンに限られてしまうため違和感があり、また床と呼ばれる上顎と接する部分が分厚いため、食感や熱などが伝わりにくいというデメリットがあります。しかもレジンは吸水性を持っているため、長い間使っていると着色してしまうという欠点もあります。

保険適用外の入れ歯

自由診療の入れ歯には、費用が高いだけあって、見た目が良いことや食感や熱が伝わりやすいというメリットがあります。その例を挙げてみましょう。

金属床義歯

金属を使うことによって、上顎と接する部分、つまり床を薄く作った入れ歯です。このため口の中が広く感じられ、熱伝導性が良いため飲食物の熱さや冷たさも自然のままに感じられます。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を一切使用していない部分入れ歯です。金属のバネで支えていた保険の部分入れ歯と違い、口を開けても金属が見えないのが最大の特長です。入れ歯を支える床材は強度が高く柔軟性に富んだスーパーポリアミド製で、かなり薄く作れるため装着感も咬み心地もかなり良くなります。

その他の入れ歯及びインプラント併用の入れ歯

入れ歯を支える装置に特殊な部品(マグネットやアタッチメント)を使って見た目を良くしたり、インプラントを併用することで入れ歯を小型にしたりするタイプの入れ歯です。味覚が改善されるだけでなく、義歯の維持力や硬いものを咬む力も大幅に向上します。

どのような義歯であれ、義歯部分は口腔粘膜に接しているだけであって粘膜の上に直接存在しているわけではありません。そのため、義歯と口腔粘膜との間に食物が入り込んでしまうことは避けられません。このために違和感や咬むときに痛みを生じさせることもあります。

また義歯作製の前までに、治療を必要とする歯に対して、すべての治療(虫歯・歯周病治療など)を終えていなくてはなりません。治療の状況によって義歯の良し悪しや残存歯の寿命が左右されるからです。そして入れ歯は、「飾り」であっては意味がありません。やはり「咬める入れ歯」でありたいものです。

インプラントと入れ歯のメリット・デメリット

  入れ歯 インプラント
メリット
  • 治療が簡単で比較的短期間で終わる
  • 保険適用内の入れ歯を選べば治療費が安く済む
  • 天然歯と変わらない自然な咬み心地が得られる
  • 見た目が天然歯とほとんど変わらない
デメリット
  • 材質によっては咬み心地が悪く、食感や熱が伝わりにくい
  • 食べ物が入れ歯に挟まることがある
  • 定期的な検診を受けないとズレが生じる
  • 外科手術が必要になる
  • 保険適用外なので治療費用が高い
  • 治療期間が長い