審美歯科

審美歯科

与野駅から徒歩5分の歯医者「プリモ歯科」は、歯周病治療に定評がある歯科医院です。当院では、歯や歯ぐきの修復だけではなく、歯の美しさ、審美性も重んじた歯周病治療を行っています。

こちらでは、プリモ歯科の審美治療についてご説明します。口元からのぞく歯が白くきれいだと、顔全体の印象も素敵に見えます。歯の色や形、以前治療したときの銀歯などが気になる方、当院の審美歯科へご相談ください。

歯は審美性も大切

歯は審美性も大切

当院の歯科治療では、歯周病治療に重点を置いた治療を行っています。歯にとっての土台である歯周病組織を大切に考え、虫歯治療やインプラント治療においてもまずは土台を整えることを重視しています。

歯は審美性も大切

さらに治療においては、機能の回復だけでなく、見た目も考慮しなければなりません。口元は顔の中でも他人の目が向きやすい場所。第一印象にも影響を与えます。前歯などが欠けていたり、銀歯が目立っていたりすると、顔全体の印象を左右するからです。このため当院では審美性も重視した治療を行っています。

当院の審美歯科

当院の審美歯科

審美素材として、当院ではおもにセラミック製の詰めもの(インレー)や被せもの(クラウン)を用いています。陶材であるセラミックは、硬く安定した審美素材で、天然の歯のような白さと透明感を再現することが可能です。

銀歯とは異なり、金属を使っていないので金属アレルギーの心配がありません。当院で使用しているセラミック素材は、ジルコニア、オールセラミック、ハイブリッドセラミックなどです。患者さんに最適な素材のご提案を行いますので安心してご相談ください。

セラミックの種類とその選び方
ジルコニア
概要

酸化ジルコニウムを安定化させたセラミック素材。人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできている。

メリット
  • セラミック素材の中でも強度が高く、耐熱性も高い。
  • 透明度が高く自然な仕上がりになる。
  • 着色汚れがつきにくく、変色も起こりにくい。
デメリット
  • 高強度のため、咬み合う歯を傷つけることがある。
  • 自費診療であり、その中でももっとも費用が高い。
オールセラミック
概要

金属を使用せず、すべて無機質の陶材からでできている審美素材。

メリット
  • 透明感があり、天然歯のような白さを再現できる。
  • まわりの歯に合わせた色にできる。
  • 金属アレルギーの心配がない。
デメリット
  • ジルコニアに比べると透明感で劣る。
  • 天然歯よりも高強度のため、咬み合う歯を傷つけることがある。
  • 自費診療のため費用が高い。
ハイブリッドセラミック
概要

セラミックと硬質レジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせてつくられた素材。セラミックの強さとプラスチックの弾力性をあわせもつ。

メリット
  • 天然歯のような白さを再現できる。
  • 硬すぎないので咬み合う歯を傷つけることが少ない。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • 自費診療だが、オールセラミックよりも低価格。
デメリット
  • オールセラミックよりも強度が劣る。
  • 汚れが付着しやすく、着色や変色が起こる可能性がある。
  • 色調はオールセラミックよりも劣る。
審美歯科の治療例
セラミッククラウン

削る範囲が大きく、詰めものでは対応できないような重度の虫歯に対して、セラミック製の被せもの(冠)で覆います。歯の色や透明度を改善でき、治療後の変色もほとんどありません。加工しやすいので、部分的な歯並びの改善も可能です。

セラミックインレー

比較的小さな虫歯に対しては、セラミック素材の詰めもので修復できます。銀歯のように白い歯列の中で目立ったり、レジンの詰めもののように変色したりすることはありません。セラミックインレーはおもに奥歯の治療で使われます。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削ってから、つけ爪のようにセラミック製の白い板を貼り付ける治療です。ホワイトニングでもきれいにならない歯の着色を改善できます。セラミック板の形や色を調整することによって、多少の歯並びの乱れや、すきっ歯などの改善も目指せます。